嵐にしやがれで紹介!高田馬場のうに小屋。うにしゃぶとは?

 

ラーメン激戦区高田馬場にある

うに専門店の利尻うに小屋。

 

DSC_0320

 

DSC_0316

 

高田馬場駅の早稲田口改札

(BIG BOXがある方)

から5分ほどの場所にあり、

以前にも雑誌やネットニュースなどでも

取り上げられているため、

店員さんに聞くと週末に限らず平日でも

満席になることが多いため、予約した方が

良いですよとおっしゃってました。

自分も何度か利用しているのですが、

確かにいつも満席なイメージですね。

ローストビーフで有名なレッドロックの

斜向かいにあるので、

知ってる方もいるのではないでしょうか?

 

それでは、嵐にしやがれで紹介された

利尻うに小屋の看板メニューの

水うに刺し、うにしゃぶを中心に、

その他のうに料理などを

いくつかご紹介いたします。

 

 

嵐にしやがれで紹介!高田馬場のうに小屋。うにしゃぶとは?

こだわりのうにしゃぶ

 

rge

出典: http://tabelog.com

 

ここのお店で使っているうには、

北海道直送の完全無添加の塩水うにです。

特製の昆布だしで、

2、3秒しゃぶしゃぶしてから食べるのですが、

うにがめちゃくちゃ甘いんです!

別添えでうに塩と呼ばれる、

うにを乾燥させて塩と混ぜたものが

ついてくるのですが、

これをしゃぶしゃぶしたうにに振りかけると

より一層うにのうま味が引き立ちます。

長ネギのスライスとお刺身用のわかめも

セットでついてきて、

わかめにもとても旨味があり、そのまま

お醤油で食べてももちろん美味しいのですが

サッとダシに通すだけで、わかめの色が

鮮やかになり ダシとマッチして

さらに美味しくなります。

店員さん曰く、わかめはほんの一秒

しゃぶしゃぶするだけでOKとのことです。

追加で生牡蛎や刺身用のぶりや

生ホタルイカのしゃぶしゃぶも注文できます。

 

〆にはうにのダシが溶けだした汁で、

雑炊を食べるのがおすすめです。

もちろん、うにを全て食べ終えてから

雑炊をするのもおいしいですが、

雑炊用にうにを少し残しておいて

後から混ぜてうに雑炊を食べるのが

個人的にはとてもおいしかったです。

etdryu

出典:http://mery.jp/184925

 

さらに言うと、ここのお店のメニューで

カニ箱というズワイガニの身とかに味噌を

和えた料理があるのですが、 このカニ箱も

雑炊に入れて、うにかに雑炊として

食べたときは、この上ない

最高の贅沢だと思いました。

カニ箱は人気メニューなので、早い時間で

売り切れてしまうこともあるそうです。

うにしゃぶは注文してから少し時間が

かかるそうなので、先に注文を

していたほうが良いです。

 

嵐にしやがれで紹介!高田馬場のうに小屋。うにしゃぶとは?

完全無添加の水うに(塩水うに)

 

gokuzyou-th2

出典:http://item.rakuten.co.jp/kaisen-umeya/001-1/

このお店の看板メニューである、

ミョウバン不使用の完全無添加の

北海道直送の水うに。

 

rra

出典:http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13158485/

キタムラサキウニ、エゾバフンウニの

二種類を扱っていて、

うに刺しを注文すると

この2種類が食べ比べできる。

オレンジ色の濃い方が

エゾバフンウニです。

 

では、水うにとお寿司屋さんなどで使っている

箱に入っているうにの一番の違いは

何かと言うと、ミョウバンを使っているか

使っていないかの違いです。

お寿司屋さんやスーパーで箱詰めされて

売られている箱うには、

形が揃っているのですが、

これはミョウバンという添加物を

使っているためです。

ミョウバンを使うことにより凝固剤の役割を

果たし、日持ちをさせる役割もしますが、

このミョウバン使用のうにが

一般的に食べられており、

うにが苦手な人は本当はうにではなく

ミョウバンの味のせいで、

薬っぽいような味がするから

抵抗があるのです。

水うには殻から剥いたうにを加工せず、

塩水の入ったパックに詰めるため、

うに本来の味を楽しむことができる のです。

店主も元々うに嫌いだったそうですが、

水うにを食べてからは

食べられるようになったそうです。

夏はうにが旬の時期で、北海道の利尻から

漁期が1か月ほどしかない貴重なうにを

仕入れていて期間限定で食べられるそうです。

一度ここで食べたことあるのですが、

綺麗なオレンジ色をしており甘さが段違いです。

このお店でのうにの食べ方は

そのまま食べるか、

もしくは塩をつけて食べるかです。

詳しくは店員さんが説明してくれますが、

醤油は絶対にかけない方がいいです。

醤油をかけてしまうとミョウバンを使ったうにと

味があまり変わらなくなってしまうので、

せっかくの本来の水うにの味を

楽しむことができませんので・・・

ここに来たら、何よりも水うに刺しは

絶対食べておきたいですね!

嵐にしやがれで紹介!高田馬場のうに小屋。うにしゃぶとは?

その他のうに料理

 

 

・ウニグラタン

いか、えび、ほたてがゴロゴロ入ったアツアツの人気メニュー。

ソースにウニが使われているのではなく、 グラタンの上に焼きうにが乗っている。 

 

・焼きウニ

炙ったうにに 焼き海苔を巻いて食べる一品。

生で食べるより甘味がして美味しい。

 

・うにの珍味

うにの佃煮や松前漬などがあり、 3種盛りを注文すると食べ比べができる。

 

・うに丼、うにいくら丼

どんぶりの大きさは小と大があり、

〆に少しだけ食べたい人にもおすすめ。

 

・うに茶漬け

生うにと相性の良い特製だしの

組み合わせが〆にぴったり。

 

・小樽いかそうめん

特製のタレに添え付けのうにを溶いて食べ、

後半は卵黄も溶いて卵黄うにダレで食べる。

 

その他の名物料理

・黄金サバ刺し

しめ鯖ではなく生のサバ刺身がお刺身で食べられる。

 

・生牡蠣

産地はシーズンによって変わりますが、

近隣の牡蠣を扱っているお店より

圧倒的に安く提供している。

 

・アジフライ

刺身用のアジを丸々1匹使った

贅沢なアジフライ。

骨もじっくり時間をかけて揚げているので

骨せんべいとして食べられる。

 

嵐にしやがれで紹介!高田馬場のうに小屋。うにしゃぶとは?

まとめ

 

 

ミョウバンを使っていないうにを

食べてみたくなりましたか?

ここでうにを食べると、

うにに対する認識が変わると思います。

近くに早稲田大学や音楽学校のESP、

日本美容専門学校などがあり

学生街で有名な高田馬場ですが、

こういう隠れ家的なお店もあるのです。

あげ屋というお店の系列店なのですが、

そちらでも利尻うに小屋で扱っている

うにを提供しているそうです。

あげ屋は高田馬場駅戸山口店と

早稲田口店にあり、うに小屋からも近いので

入れない場合はそちらのお店を

使うのもいいかもしれませんね!

カウンター席もあるので、一人飲みにのも

いいと思います^^

 

■ 基本情報

    • ・名称: 利尻うに小屋
    • ・住所: 東京都豊島区高田3-10-14 吉野ビル
    • ・アクセス:高田馬場駅から徒歩約5分
    • ・営業時間: 18:00~23:30
    • ・定休日: 不定休
    • ・電話番号: 03-6457-6137
    • ・関連サイト:http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13158485/

 

 

 

【この記事を読んだあなたへのおすすめ記事】

え?なにこの行列!!高田馬場と言えば今はローストビーフ!!

一人飲みの極意!お店選びや楽しみ方を伝授!メリットも!

ラーメン激戦区新宿周辺のおすすめ人気ラーメン店はここ!!

無料の超おすすめ人気スマホゲームアプリ!はまりすぎ注意!

死ぬまでに訪れたい日本のおすすめ観光名所 北海道編

携帯買ったらまず設定!紛失時に困らないためのアプリ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ