千代の富士こと九重親方が死去。キン肉マンのウルフマンのモデルにも

「ウルフ」の愛称で親しまれていた、

元横綱の千代の富士こと、九重親方が

亡くなりました。

 

入門当時は体型としては恵まれておらず、

新弟子検査の体格基準をギリギリクリア

したほどです。

相撲の稽古以外にも、筋力トレーニングには

とてもこだわっており腕立て1日2000回や

鉄アレイなどで徹底的にを鍛え上げ、

脱臼癖のあった肩の不安も鍛えることにより

解消させました。

身体つきも、いわゆるお相撲さん体型

ではなく、筋肉が隆々としたアスリートの

ような体型になり土俵でも一際目を

引いていました。

chiyonofuji-bicep-e1457003031328

優勝力士が支度部屋で賜杯を抱いて、

奥さんや子供と一緒に撮影するように

なったのは千代の富士が始まりだと

言われています。

 

千代の富士こと九重親方が死去。キン肉マンのウルフマンのモデルにも

逆境からの優勝

生後間もない三女が突然死、左肩のけがで

休養明けとなった、平成元年名古屋場所では

精神的にも肉体的にも窮地に立たされて

いましたが、逆境をものともせず快進撃によ

優勝決定戦まで持ち込みました。

この時の対戦相手は、北勝海で同部屋で

しかも横綱同士の戦いでした。

結果は見事千代の富士が勝利を収め

見事優勝を果たしました。

スポンサードリンク

 

千代の富士こと九重親方が死去。キン肉マンのウルフマンのモデルにも

世代交代そして引退

平成3年夏場所では若貴兄弟の

弟・貴花田(のちの横綱貴乃花)と

初対戦で敗れ、引退を表明した。

引退会見での「体力の限界!」という

セリフはとても有名ですね。

 

当時最多優勝記録だった、

大鵬の32回に迫るも、どうしても

あと一回が遠くて31回で引退しました。

2016年現在では、歴代3位の

優勝回数です。

 

千代の富士こと九重親方が死去。キン肉マンのウルフマンのモデルにも

キン肉マンのウルフマン(リキシマン)のモデル?

img_1 (1)

 

九重親方は「ウルフ」という愛称で親しまれ

国民からも愛されていました。

キン肉マンにはウルフマンという超人が

出てくるのですが、実は連載当時の

人気力士であった九重親方がモデルに

なっているのです。

アニメ版ではパブリシティ権の問題で、

リキシマンという名前に変わっていますが

同一人物です。

 

千代の富士こと九重親方が死去。キン肉マンのウルフマンのモデルにも

まとめ

引退後は師匠である九重親方の部屋を

引き継ぎ、指導者としては 厳しくも優しい

指導法で千代大海などを育て上げました。

まだ61歳という若さなので残念ですが、

心よりご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ