受かりやすくなる!?アルバイトの履歴書の書き方~学歴・職歴~

スポンサードリンク

前回は履歴書の書き方の

気をつけなければいけない点と、

基本的なことについて触れましたが

今回は学歴・職歴についての

書き方について説明します。

 

↓前回の記事↓

知っておくと受かりやすい!?アルバイトの履歴書の書き方~基本~

 

学生とフリーターに分けて紹介しますので、

要点を押さえておきましょう!

 

受かりやすくなる!?アルバイトの履歴書の書き方~学歴・職歴~

学生の場合

履歴書の学歴・職歴1行目の

空欄の真ん中に「学歴」と記入する。

小学校、中学校は卒業年月、

高校以降は入学と卒業年月を記入。

学校名は正式に書く!

※高校と略さずに高等学校、私立、

市立、学部、専攻などもしっかり。

卒業についても必ず正式名称で書く

「同校卒」や同じを意味する「〃」はNG

 

転校、転入した場合も記入しましょう

 

2006年 4月 A高等学校○○科入学

2007年 10月 B高等学校△△科転入学

 

という様に記入すれば大丈夫です。

 

浪人・留年の場合は特別記入する

必要はありませんので、素直に

入学、卒業した年月を書けばいいです。

休学の場合は、休学した年月と

現在通っている学校名の横に

休学と記入し()を書いて

休学理由も書いておきましょう。

 

2010年 11月 C大学○○学部□□学科休学(理由)

 

復学しているのであれば復学と記入し

()に理由も書いておきましょう。

 

中途退学の場合は

「年 月 学校名中途退学」

と記入しておきましょう。

面接時に、どういう理由で退学したのか

聞かれると思うので、嘘をつかずに

しっかりと答えられるように

しておきましょう。

 

職歴を書く場合は学歴から1行空けて

真ん中に「職歴」と記入する。

アルバイト経験がある場合、

開始年月と退職年月を記入し、

アルバイトの経験がない場合は

真ん中に「なし」と記入。

全て記入し終えたら最後に

右端に「以上」と記入。

スポンサードリンク

 

受かりやすくなる!?アルバイトの履歴書の書き方~学歴・職歴~

フリーターの場合

基本的には学生の部分と書き方は

同じですが、 職歴を記入する部分の

書き方を詳しく書いた方がより

相手に伝わりやすくなります。

職歴のところに、入社年月と

会社の正式名称を記入。

アルバイトとして働いていた場合は

会社名のあとに「アルバイト入社

と記入してください。

その下の空欄に、勤務期間

主にどういった作業をしていたか

簡単に記入。

記入する場合は3ヶ月以上働いたもので、

たくさん経験がある場合は、

応募した職種に関係があるものを

中心に書きましょう!

 

免許・資格について

取得したものから古い順番に書きましょう。

応募した職種と関係なくても、

自己アピールなどにもなるので

持っているものは書いておいて

損はないです。

受かりやすくなる!?アルバイトの履歴書の書き方~学歴・職歴~

まとめ

スポンサードリンク

学歴・職歴を記入するときに

気を付けなければならない点として、

 

  • 学校名は正式に記入する。
  • 転校、転入、の場合は記入する必要あり。
  • 退学の場合は、 面接時に話せるように整理しておく。
  • 休学の場合は理由を書く
  • 職歴を記入する場合は3ヶ月の勤務
  • 仕事内容として何をしたか記入すると相手に伝わりやすい
  • 免許・資格はアピールになるので書きましょう

 

前回の基本でもお伝えしましたが西暦で記入するか、平成のように元号で記入するか

統一するのを忘れずに!!

 

↓前回の記事↓

知っておくと受かりやすい!?アルバイトの履歴書の書き方~基本~

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ