たったこれだけでクーラーの電気代を安くする!超簡単節約術

スポンサードリンク

節電しなきゃと思いつつも、

やはり暑さに耐えきれずクーラーを

つけてしまいますよね?

しかし、我慢してつけずに過ごしていると

熱中症になってしまう可能性もあります。

 

 

電気代を節約しつつクーラーを

つける方法はないの?

 

 

あるんです!!

 

寝つきも悪くなるし寝起きは汗がダラダラ・・・

 

こんな悩みを解決するため、

電気代を節約しつつ快適に

過ごす方法をご紹介します!

 

 

たったこれだけでクーラーの電気代を安くする!超簡単節約術

設定温度を28度に設定する

 

設定温度1度違うだけで電気代が

 

なんと約10%も

 

変わるそうです。

コンビニやパチンコ屋さんは

18度設定なので、相当電気代が

かかっているでしょうね!

あまり温度下げすぎても夏風邪の原因に

なるのでこのくらいが丁度いいと思います。

 

たったこれだけでクーラーの電気代を安くする!超簡単節約術

扇風機と併用する

 

暑くても扇風機だけでしのげることも

ありますが、夜でも30度ぐらいあるような

熱帯夜はクーラーをつけたものの、

どうしてもまだ暑いと思う方も

いると思います。

そんな時は扇風機も利用しましょう!

 

空気の循環の役割も果たし、

室内温度を下げることもできます。

暖かい空気は上、冷たい空気は下に

行くので扇風機を上向きにすると、

空気がうまく循環します。

暑いからと言って、くれぐれも直接

扇風機の風を当てないようにしましょう。

寝冷えして体調崩したり、

夏風邪の原因にもなってしまいます。

 

スポンサードリンク

 

たったこれだけでクーラーの電気代を安くする!超簡単節約術

オンオフを繰り返さない

 

「寒くなったら消す、暑くなったらつける」

 

一見節約に思えるかもしれませんが、

実は電源をオンオフにする時に

一番電気代がかかります。

起動するとき内部の機械が

稼働しますが、これがかなり

電気エネルギーを消費するのです。

長時間家を空ける場合は消した方が

良いですが、 ちょっと買い物に

出かけたり用事を済ませる為に

家を空けるくらいなら、つけておいた

方がよっぽど節約になります

たったこれだけでクーラーの電気代を安くする!超簡単節約術

量調節は自動にする

室温が設定温度になるまで、

自動で強弱切り替えてくれるので

手間が省けて便利です。

こだわりがある人以外は

この設定でいいと思います。

 

たったこれだけでクーラーの電気代を安くする!超簡単節約術

まとめ

スポンサードリンク

東日本大震災があってから、

電気に対する考え方が変わり、

普段から節約を心がけている方も

多いと思います。

一番の節約はクーラーを使わない

ということです。

扇風機だけでも過ごせる日はあります。

夏だからとりあえずクーラーではなく、

天候や気温を考えてうまく利用しましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ